☆/☆:クッソ長い作品紹介告知ページ(Ver2.0)

・キング・オブ・アイドルの最終巻発売中。大増ページ(定価アップ)でお送りします。

紹介ページはこちら→http://blog.wakakitamiki.coolblog.jp/?eid=1312313

 

・みつみ美里さん&甘露樹さんとの共作同人誌「16bitセンセーション」の委託販売も行っております。90年代のゲームの現場を描いたお話です。現在vol5まで出てます。

 

 

〜若木民喜、自意識闘争の歴史〜

 

キング・オブ・アイドル(2017-2018) 全6巻

なの菓子で危機感を抱いたボクが持てる力を全て出した、アルバ&神のみに続く「王道」路線アイドルマンガ。しかも、女装主人公!と言うトリッキー仕上げ。しかし、力を全て出し尽くしたおかげでまたもアイテムの多さに苦しむことに。結果、アルバトロスとまるで同じ道を辿ったが、しかし、昔と違ってそのなかでも素敵な瞬間が沢山残すことができた。最終回は最高。ボクの棺桶に入れて下さい!メイツ・フォーエヴァー!

 

なのは洋菓子店のいい仕事(2015-2016)全7巻

神のみの高いテンションに疲れた気持ちが生み出した、まったりケーキマンガ。しかし、最後はいつものような内省へ…。ボクはいつのまにか誰からもダメだしされないベテラン作家になり、この環境で描くマンガは初体験の苦しさ!しかし、タイムくんや言葉というポテンシャル溢れるキャラクターに助けられた。「ケーキは断面が本質!」「1日で1月分稼ぐ理不尽な値付け!」「冷たいモンブランはマズい!」最前線感溢れるケーキ批評の数々。もっと見たかった…。

 

ねじの人々(2015-2016)全3巻

なの菓子と同時にMANGAONEで連載していた「哲学マンガ」。生きるとは?物語とは?売れるとは?内省を極めた内容だが、MANGAONEの荒々しい打ち合わせに揉まれてエンタメとしてもソリッドな出来。哲学のタガが外れ始める後半からが本番。今でもトイレに置いて自分でも読み返してるお気に入りの作品。万子ちゃん!!!

 

神のみぞ知るセカイ(2008-2014)全26巻+番外編全1巻+ノベル全2巻

アルバの挫折を経て固い決意で臨んだ二作目。ゲームをやってるだけで人はこれほどまでに偉そうになれるのか!「ギャルゲーの天才が現実の女の子を落とす」というたわいもない始まりが、主人公の力と時代の後押しでとんでもない世界へ。全てのページが輝いてる自分でも驚きの代表作。こういうことがあるから人生捨てたものじゃない。

 

アニメにもなりました。特に音楽関連はボクがスタジオの近くに引っ越した、というぐらい関わってもう一つの神のみ世界を構築しております。

ちなみに、神のみのLINEスタンプもあります。

 

聖結晶アルバトロス(2005-2006)全5巻

初連載にして週刊連載。既に飽和状態だった擬人化作品の発展解釈として「元素周期表」を世界観にするアイデアに「これは天下取ったな!」と確信したが、肝心の週刊連載をドライブする力が足りず…設定の重さに力尽きた。それでも今でも好きな人がいてくれる、ありがたくて、悔いの残る作品。時間をかけただけあって今でもとても良いと思う話。もう一度、描き直したい。

wakakitamiki * 読者の方々への連絡事項 * 01:13 * - * - * pookmark

3/23:5分で言い切れるマンガの描き方

ツイッターでマンガの描き方の話してたから書くけど、ボクがマンガの描き方教えてもすぐに終わるよ。

 

マンガの描き方

・プロを目指してない人は…

 

自分の好きな漫画とか絵描きさんの絵を横に置いて、まるまるパクって描けばいいです。その人みたいに巧くできないから、オリジナルになります(ゆうきまさみ先生理論)。トレスはダメだけど。

 

 

・プロを目指してる人は…

 

マンガの描き方なんて担当さんが教えてくれるんで、それより人間として面白い人になりましょう。

 

 

以上!

 

 

これ以降、余談。

 

技術論って言うのは、いわば誰でもできることを共有するにすぎない訳で、身につけばつくほど無個性で分析可能なものに近づいていく。物語って催眠術みたいなもので個性的で分析不可能なものなんで、安易な技術論は才能を殺す。ただ、本当の初心者の人なら技術論は役にたつ。そういうものはPIXIVみたら巧い人が教えてくれてる。素晴らしい世の中だね。ボクでも参考にしてるぐらいだもの(いつもありがとうございます)。

 

技術というのはマンガの見栄えをよくしてくれるけど、あくまで中心にあるのは描く人のパッション。この順序が逆になっちゃいけない。自分のワクワクをみんなに伝えたい!そう思いながら描いていたら少々めちゃくちゃでもいいものになる。

 

 

順序が逆になる例↓

 

その昔、小学館の謝恩会で悩める新人マンガ家さんに相談されたことがある。

 

「どうやったらマンガって描けるんですか?最近、マンガが描けなくて…」

 

その時のボクの答え。

 

「マンガってすごい簡単に描けるよ。自分が一日中でも話せることって、一つぐらいあるでしょ?その好きな△△を一日中話してる主人公を作って、『おっす!おら○○!△△が大好きなんだ!』って1コマ目を描いて、後はそいつが△△を発揮できるシチュエーションを3個ぐらい並べたら読み切り1本作れるでしょ。神のみってそのまんまじゃん」

 

って言ったんだけど。そうしたらその子は、

 

「それができたら苦労しないんですよ」

 

だと。

 

そうなんだよね…面白いマンガって何だろうって考え始めると、マンガって難しくなっちゃう。そうすると技術論がむくむくっと顔を出してきて、「自分はヘタだからダメなんだ」ってなっちゃう。さらにそうなると「完璧なものを作らないと世に出せない」ってなってしまい、遂には自分のアイデアの否定に繋がる。じゃあ、技術的に完璧になったからって面白くなるのか、と言うと全くそうではない。ボクは新人時代「完璧に機能的であるけど、全く面白くない」というマンガを量産していた。こうなると悩みはどんどん深くなるよ!

 

ボクが今まで担当さんに教えてもらったことで今でもずっと続けてることは実にシンプルなことだ。

 

・できるだけ人物は正面を向かせろ

・場面が変わったらロングショットを入れろ

・吹き出しにちゃんと「ヒゲ」をつけろ

 

あと、少年誌的なコマ運びとして

 

・最初の10ページで登場人物と舞台の紹介は全部終われ

・コマの大きさは最初大きめで、途中小さく、クライマックスに行くにしたがって大きくしろ

・クライマックスが終わったらすぐに終われ。余韻はいらない

 

こんなものしかないよ。しかも、別にこれ守らなくてもいいしね。絵でもマンガでも大事なことは描いてる自分がワクワクできてるかってこと、それがどれぐらい伝わってるかってこと。最初のワクワクってのは教えて作れるものじゃないからねぇwこのワクワクをいつでも出せる技術論があったら、ボクに教えてください。よろしくお願いします。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

3/22:洋菓子ミルクレープ

1人でシコシコと原稿。

 

クサクサしたので、仕事を抜け出して映画を見に行く。またも「スパイダーマン:スパイダーバース」!前回すごい面白かったにも関わらず、眠くて冒頭の10分見逃していたからだ。

 

二回目でも最高。ほんと傑作。吹き替え版で見たけど、個人的には字幕版の方がよかった。なぜかと言うと漫符もたまに日本語訳してあるからだ。漫画表現もグラフィカルに取り入れた映画なので、日本語フォントの無骨さが気になる。何よりペニーパーカーの「コンニチハーハジメマシテヨロシクー」が"正しいイントネーション"で聞けない。これはすごい寂しい。

 

帰りに新宿ピカデリーのMUJIcafeでミルクレープ食べる。

こ、これはめずらしくイマイチなものを食べてしまった。ほとんどクリームじゃん。気持ち悪くなったよ。

 

ミルクレープって初めて食べたのってドトールだったなあ。でも、今まで食べたミルクレープで1番よかったのはユウジアジキのミルクレープ。ミルクレープって日本発祥なので本来はプランス菓子屋にはないんだけど、安食シェフはさすがフットワークが軽い。

wakakitamiki * - * 23:59 * - * - * pookmark

3/21:Dead or Dead

今日も原稿。

 

Steam版のDOA6をやってるけど、結局女性キャラだけ使用権買ってしまった…もったいね〜。

今回ほのかが圧倒的にかわいい仕上がりなんだけど、なにげにレイファンが良い。このモデルでVVに来て欲しいぐらい(あやねとヒトミは5の方がよかったような…)。それに冬馬さんの声が未だ若い!

 

それにひきかえ、オラの技術力のなさよ…。DOAクエスト40(難易度4)辺りで詰んだよ。エキスパートホールドが出なくてな。まだ全行程の三分の一ぐらいなのに。エキスパートホールドさえ出ないのに、「フェイタルスタン中に云々」なんて出せる訳ないじゃん。もうコス解放はあきらめたよ!

wakakitamiki * ゲーム * 23:59 * - * - * pookmark

3/20:平成最後の金八センセイ

今日発売のドラゴンマガジンに1枚イラストを寄稿しています。イデミスギノのお菓子を片手に依頼されたので、すぐに引き受けました。最近絵描きとしての仕事ばっかりしてます。

 

マンガも描かないといけないけども、読み切り作業中。

久しぶりに松尾くんとやんだ君が来てくれたので、みんなでテレビを見ながらわいわいと作業。

 

見ていた番組。

3年A組!何か話題になってたから。

 

いやはや…今時新鮮なぐらい怒濤の「正論」ドラマ。デスゲーム+学級会という新機軸。「ちゃんと生きろ!」「考えて生きろ!」「自分がされていやなことするな!」。最初は生徒へ、次は先生へ、菅田将暉くんが大声で訴える。そして最後は、これが本命であろうSNSに矛先が向かう。こないだ「大衆の反逆」の話していたけど、菅田くんが最後にSNSの"大衆"に向かって大演説をするシーンはすごかった。おもしろ半分に炎上させるんじゃない!フェイクニュースに踊らされるな!「そんなきれい事唱えてなんになる」…ということすら言うのがはばかれるような怒濤のエネルギーだった。

 

でも、あの菅田将暉くんの姿に感動した人って多いかも知れない。その昔ボクは「金八先生」が大好きだったんだなぁ。普段声高に言えない正しいことを大声で言ってくれるヒーロー。今日は何をお説教してくれるんだろう。毎週スカっとした。楽しみだった。3年A組のヒットってのは、今でも昔も今も変わらない、美しさや正しさ、優しさを求める心、そして叩かれることを恐れない強い言葉をみんなが持ってるという感じがした。

 

何なら、「お前ら!3年A組を見てないのか!正しく生きれないなら!炎上させてやる」という怖い人達が出てもおかしくないほどに(苦笑)。それほどに菅田将暉くん扮する先生が圧倒的すぎて、ある種宗教的ですらあった。確かに2ちゃんねるが全盛の時の炎上はすごくネガティブな感情ベースなものを感じたけど、今の炎上の怖さって炎上させてる人が「正しい」側であることなんだよね。正しく生きてない(と大衆が思う)人間に対する攻撃がとてつもない。一方で正義を担保してる大権力に対しては何も言えない。3年A組のベースにある考えは「THINK」、とにかく 一度考えてみようってことなんだけど。"間違い"についてだけでなく、"正しさ"についても考えられるかどうかというのが、本当のTHINKの第一歩だと思う。という訳で、「ねじの人々」は素晴らしいマンガだったですね(流れるように自画自賛)!(ねじの人々、フィリピンかどこかで発売されててビックリ)

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

3/19:ちょっと待ちねぇ!

SteamでDOA6の無料版が出てるじゃないの。

もう?こないだ発売したばっかりなのに。

 

これダウンロードして女性キャラだけアンロックしたらいいじゃないのさ。デラックスエディション買ったオラの立場…にゃろー。

 

悔しいけど、これでPCでできるようになったから一気にプレイのモチベあがったわ…。

 

今日から松尾君とやんだ君がヘルプで仕事場にin。二人ともなんか忙しくて、やりくりしてもらいながら入ってる。うちの仕事場でやってた人、今みんな仕事してる。これはめでたいことなんだけど…来月からボクの仕事場、誰もおらんかも知れない。これまたイチから教えないかんの…気が遠くなるね。

wakakitamiki * ゲーム * 04:21 * - * - * pookmark

3/18シェケナベイベー…

内田裕也さんが亡くなった。

特に90年代以降ぐらいは、バラエティでいじられてるロッケン爺さんのイメージがついちゃってるけど、日本ロックの歴史においてはもっとも過小評価されてる偉人かも知れない。

 

日本の黎明期のロックってのは大きく分けると、フォーク〜はっぴいえんど系の歴史観と、グループサウンズ〜裕也さんグループの世界ってのがあって、裕也さんの系統ってのはほんと話題にならない。日本のアニソンなんかは最初はグループサウンズ発の人たちがいっぱいいたんだから、もっと評価されてしかるべきだよね。こないだ吉田豪が話してた話で、豚の臓物をまくステージでおなじみのザ・スターリンが裕也さんに叱られて米をまいてたって話、すごい面白かった。米まくパンクいいじゃん。

wakakitamiki * ふとした話題 * 05:10 * - * - * pookmark

3/17:ラブレターを描くのがうまい海外の人たち

アメリカのアニメ映画は本当に「ウェルメイド」というか、「なぜ僕らはこの映画を作ったのか」という主張を、高い論理性を元に壮大で精密な創作物を作り上げる。トイストーリーやズートピア、LEGOムービー(最初のやつ)、なぞ傑作に次ぐ傑作。ここら辺は主張が曖昧になりがちな日本では太刀打ちできないところ。

 

そんでもって、またもや傑作が生まれてた。

「スパイダーマン:スパイダーバース」渋谷で見てきた。これはもうマンガ好きの人はマストウォッチですわ。

 

マーベルのアベンジャーズ側でもキーワードになりそうな量子力学的内容。これで違う世界観の歴代スパイダーマンがプリキュアよろしく大集合で世界を救うために奮闘する話。正直言って盛り沢山すぎて、ちょっと消化しきれてない部分もあった。僕もスパイダーマン博士じゃないし。

 

ただ、この映画が言いたいことはよく伝わった。つまり「スタンリーありがとう」ってことなのよ。映画の最後のクレジットでのスタンリーとスティーブ・ディッコへの謝辞。

 

「僕らは孤独じゃないって教えてくれてありがとう!」

 

僕らはみんなスパイダーマンだ!漫画って何のために存在しているか。それが、この1行に凝縮されてるし、この映画は全編スパイダーマンの製作者に対する感謝であふれてる。そしてその感謝が、ただの回顧じゃなくとんでもなく先鋭的な映像とともに流れてくる。映像ぶっとび。こんなすごい子供たちが生まれてるんだもん。天国の二人も喜んでると思うよ。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

3/15:一日遅れのコアクマちゃん

エルちゃん誕生日。

設定も単行本も近くにない状態で描いたので250歳か300歳かよくわかんなくなってしまった。女の子年齢を間違うなんてね☆

 

これからもよろしくね。

 

今日も原稿と言いたいところだけど、どうにも力が入らず半日ゴロゴロして過ごす。

wakakitamiki * ふとした話題 * 23:59 * - * - * pookmark

3/14:ホワイトデー

打ち合わせ。

 

本当にあるまじき発言するけど、今のボクはすぐに連載をやりたくなくて、意図的にのらくらやってる無意識がある。しかし、何だか形になってきて「しまって」いる。しかも面白そうだ。ただ今だかつて連載を始める時にこんなに何となくな気分で作ったことがないから不安。う〜ん。すっきりしない。

 

とりあえず宿題にしておいて、お菓子屋に行く。

エーグルドゥース。

 

ホワイトデーだから混んでるかと思って電話したら「混んでない」って言うんで行ってみたら、普通に混んでる。これぐらいの混み方は通常運転ってことかね。平日の昼間でこの人出はすごいよ。

 

買ったケーキ。フレッシュールエキゾチック。チョコ+パッションフルーツ。美味しい。ちょっと箱についちゃった。エーグルドゥースはケーキをテープで固定しないからちょっと揺れただけで箱にケーキがつく。ニトログリセリン運ぶぐらいの慎重さが必要。

 

もう一個食う。マモンエフィーユのレーズンサンド。小川軒やマルセイとは別次元のバタークリームの厚み。これは美味しい、が、カロリーも高そうじゃ。

 

今のボクの部屋が焼き菓子が豊富。

 

みよ、アテスウェイのガレットショコラが大量だよ。ゾンビが町中占拠してもこれ食って生き延びるわな。

wakakitamiki * お菓子 * 23:59 * - * - * pookmark
このページの先頭へ