10/15:ダニーボイル’sイエスタデイ(ネタバレ)

いつぞやも話をしたかも知れないけども、ボクがいた美学科は史学がくっついていて、「美学美術史学科」だった。これには意味があって、美学の歴史と言うのはただの史学ではなく「哲学史」だから、と言うことなんだけども。その大前提になってるのが…

 

「この世界には絶対的な美というものが存在する」

 

という考え方だ。絶対的な美というのが人の世には存在する。それは、ファッションのように移り変わっていくものではなく、いつの時代でも変わらずそこに存在している…これを信じてないと美学史というのはただの史学になってしまう。しかしながら、学部で学ぶ生徒、教授ですら、本当にそういうものがあるかどうか、証明できない。

 

学部の先輩とそういう話になった時に、絶対的な美というものがあるのであれば、たとえば2019年においてレオナルドダヴィンチが初めて現れて「モナリザ」を描いてもルーブルに飾られるはずという話になった。なんだか、それはないような気がする。

 

ダヴィンチほどの才能であれば、現代でも成功する可能性はある。でもそれはモナリザではないだろう。そうなるとやはり、美というのはコンテキスト(文脈)であるという、いいものが必ずしも売れる訳じゃない…残念な結末になってしまう。

 

こういうマクラを踏まえて…。

 

 

ダニーボイルの新作映画「イエスタデイ」を見に行った。

あのポップミュージック満載の見事なロンドンオリンピックの開会式を監督したダニーボイルがビートルズの話をやる。これに期待しない人がおるかね。

 

主人公だけがビートルズを知ってる世界。この映画の筋を聞いて、似たような設定だったマンガ「ボクはビートルズ」を思い出してしまうんけど、あれとこっちは違う。マンガの方は過去にタイムスリップしてる。だからビートルズがブレイクした同じ文脈な訳。だから同じ音楽をやっても成功するかも知れない感じがあった。でも、こちらは現在の状況のまま、ビートルズだけがいなくなる。この設定も厳密に考えると色々ややこしいんだけど、大ざっぱに考えても、ビートルズの音楽が今登場しても古くさいだけじゃないかと。実際80年代のビートルズの立場とかダサイことこの上なかった訳だし。

 

そういう事を思いながら、映画を見た。

感想。

 

 

エドシーラン出過ぎ。

 

 

やっぱりビートルズの曲は受けない訳。最初は。でも、この映画はそこでウルトラCを使っていて、エドシーランだけがいち早く曲の価値に気づいて、前座で使ってくれる。それがきっかけでみんなが耳を傾けてくれるようになる。これはなるほど、と思った。でも、それだけでいいのに、シーラン君ずーっと出ておるのよ!

 

この映画はビートルズだけじゃなくって、主人公の恋愛話も結構ウェイトが重くて、ビートルズの尺とラブストーリーの尺が終始ケンカしてる。そこにさらにエドシーランが出てくるとなると、全部がちょい中途半端な尺になってしまっていた。

 

そもそも、主人公のインド人青年(ラトルズのスティッグじゃないよ)は、ビートルズを自作の曲と偽ってプレイすることに終始罪悪感を感じていて、ビートルズの曲が流れることに爽快感がない。あのね、やると決めたなら、思い切ってやって!これはこの映画の相当なマイナス部分。なんならラブストーリーの比重の方が大きくて、もう最後まで言ってしまうけど、主人公君は彼女への愛のために結局アメリカに行くところぐらいでビートルズのフリから降りてしまう。ビートルズが邪魔者なのよ。

 

見てる側としては、「現代でビートルズはどこまで通用するか?」というのも、すごい楽しみな訳じゃないっすか。それがエドシーランをヘコましただけで終わりなの?という感じ。ビートルズファンはエドシーランなんて勝って当たり前ぐらいに思ってるからね、こんなもの大してうれしくない訳だよ。これだけラブに重点おくならば、イエスタデイだけ覚えてる、ぐらいで丁度よかったかも知れない。世界とか狙わなくても。

 

「ロングアンドワインディングロード」を歌うシーンなんかは、マジでいつの時代でも通用するかも…絶対的な美があるのかも!という曲の美しさを感じたので(withビートルズファンの色メガネ)、ここをもうちょっと見たかったというのが正直なところ。

 

まあとはいえ、そんな大予算の映画じゃないから、そういう意味では面白いところは結構あったので、全体としては満足。

 

 

特に印象深かったところ↓

ロバートカーライルの老人ジョン!これはマジ本人と見まがう姿と貫禄。このシーンだけで十分感動した。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

10/10:ウエスタン全長版 in 新宿

映画「ウエスタン」(=ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト)の期間上映がやっていると聴き、これは行かねばと思い、新宿ピカデリーへ。

 

 

これはホント傑作だよね。セルジオレオーネはどの映画も上映時間が長いんだけど、中身はどの映画も1時間半ぐらいのコンテンツしかない。それをひたすらの長回しと顔のアップで引き延ばすのがレオーネ流。これが実際持ってしまうからすごい。この「ウエスタン」も冒頭から10分ぐらい顔のアップだけで始まる。もちろん、退屈はしない。顔のアップに耐える役者しか出てない。このオープニングは誰にでもお勧めできる。

 

ただ、この調子で2時間45分も続くとなると、初心者には厳しい。この映画は特にラストが歴史的に素晴らしいんだけど、最後の15分の取り組みのために、2時間半四股を踏んでるみたいな映画なんだよね…。でも繰り返して見れば見るほどいい。

 

この映画は、イタリア人であるレオーネがアメリカへの憧れを込めた映画でアメリカの開拓時代を実に美しく描いている(人間は美しくないけどw)。雄大な大地、何にもない荒野、そこに、鉄道を通すために働く沢山の人たち。古い男、新しい時代、その歴史の力強さと叙情性は、まるで「南の虹のルーシー」のオープニングのような感動がありました。

 

ボクはこの映画大好きで、神のみでも西部劇の回やったけど、児玉センセイがかなりヘンリーフォンダ似で意外といい男だったんだな、と…。

 

 

モリコーネの音楽があるからあれだけの引き延ばしにも耐えるというところもある。長回しを作家性にまで高めるスタッフと役者が揃ってます。

wakakitamiki * 映画 * 23:46 * - * - * pookmark

10/1:また帰って来た時効警察

まさか時効警察がまた始まるとは…。

 

ボク的にゼロ年代で一番好きなドラマの一つ。オダジョーと麻生久美子のコメディ演技の素晴らしさを堪能。トリックとよく比べられるけど、トリックの小ネタを全力でやってるノリとは、脱力感がまるで違う。合気道みたいなドラマ。復活SPの真加出くんの出方最高。

 

復活SP。俳優さんと言うのはすごい。声だけ聴いていたら、昔と全然変わってない。三日月君ちょっと貫禄でてしまったけど、オダジョーの変わらなさよ!ただ、二時間はこのドラマの構造的に苦しかったね。本気のドラマを指向してる訳じゃないし。でも、新シリーズ期待。今の時点だと浮いてる吉岡里帆ちゃんの存在価値というのも本編ではあるのかも知れない。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/28:スターウォーズ・アイデンティティーズ

なんかボクはどこに言っても「若木さんって、社交的ですね〜」って言われる。

 

確かにぼくは誰とでもよく話す。人見知りということはないと思う。それはやっぱり関西育ちということもあるんだと思う。でも、関西人のよく話すは実はおびえから来ているものであり、人と会ってない時のボクはいたたまれないものがある。毎月飲み会の幹事をやっているのに、誰かを誘ってどこか行くとかここ数年したことがない。「シン・ゴジラ」を畑先生と見に行って以来ないんじゃないか?誘われるとどこでも行くが…つまり、ごく一般的な漫画家と何ら変わりない。

 

という訳で、月一回の飲み会がボクの社交の生命線な訳だ。

 

 

その人達と天王洲アイルでやってる「スターウォーズ・アイデンティティーズ」に行く。

あがる〜。寺田倉庫はボウイ展以来。スターウォーズの展覧会というものは初めてだけど、今回は「写真撮影OK」というのが実に嬉しい。

 

いきなりボバ君登場。うれしぃ〜。改めてそばで見てみると、スターウォーズのミリタリー感覚を感じる。宇宙という舞台に硝煙や砂の匂いをさせてる。これがいい。

 

そのスターウォーズのデザインを作ったのがジョン・モロ氏なんだけど、間近で見てそのスケッチの余りのヘタさ素朴さに驚愕。亜アウトサイダーアートのような趣。

 

でも、その時に一緒に行ってたアニメーターさん曰く、

 

「絵の巧い人はいくらでもいるけど、アイデアを持ってるイラストレーターはあんまりいない」

 

↑至言だよね。実際この絵の持ってる新しさはすごかった訳で、めっちゃキレイに描かれたジャージャービングスの100万倍すごい。

 

あぁ〜いたなぁこの人。デススターでうろちょろしてた。何してるドロイドなんだろ。そばで見ると何から作られているのか想像できて楽しい。

 

…なんと言う感じで、実に楽しい展覧会だったんだけど、贅沢を言うならばEP4のアイテムが意外と少ない。スターデストロイヤーもミレミアムファルコンも実際のプロップなんだけど、帝国のものなのよ。Xウイングとか展示そのものがなかったし…。これだけの大きな作品だから全てを展示するのはムリだけど、EPI4至上主義のワタクシとしてはもっとEPI4のものが見たかったかも(それでも結構あるけどね)。

 

ダースモールどこにおった?

 

 

帰りはそのまま歩いて品川に行き、最後のアンナミラーズへ。

 

実はアンミラに来るのは初めてだったりする。一時は隆盛を誇ったアンミラだけど、もう品川に1店、ハワイに1店を残すばかりになった。もっと早く来ていればよかったけど、これまでは入る勇気がなかった。

 

そこで件のアニメーターさん曰く

「若木さん、運がいいですよ。1店になったおかげで今品川では全部の制服が見られますよ。」

強者おった。

 

しかし、夜遅くの入店だったので、3種類ぐらいしか見られなかったけど、間近で見る伝説のアンミラ制服は実にインパクトがあった。英語版のアンミラのwikiでもVGとかPiaきゃろの話に終始しとるものな。チェリーパイは全然美味しくなかったけど、大した問題じゃない。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/19:百円の恋

ネームをまとめて提出。

 

帰って別件のネーム。

 

こないだ「万引き家族」を見て以来、安藤サクラブームが起こって以前にみた「百円の恋」をもう一度見る。

これはホント傑作だわ。引きこもりから戦う女に変化していく内容で、安藤サクラのすごさ。体型や歩き方、表情、全部が変わる。テレビで見る安藤サクラを見ても、映画とかぶる姿をまるで感じないのもすごい。よくこれだけ他人になれるな。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/18:万引き家族

ようやく、ネームが2つほど次のステップに行きそう。

あと、おそらくチェックのないネームが2つ。全く出口の見えないネームが1つ。

未着手のプロット1つ。これが現状。

 

1つずつなら1ヶ月で終わることも、仮に3つ同時でやると4ヶ月かかる。×3よりかかってしまうんだよね、ボクの場合。確かなことはお金は全然発生していないってことね。

 

打ち合わせから帰って、今まで見る勇気のでなかった「万引き家族」を見る。

それにしても、こないだテレビで見たけど、万引き家族の聖地!とか行って海水浴場が紹介されてたけど、この映画見てよくマネしようと思うねwましてスーパーとか聖地になっちゃったら万引きオッケー!って言われてるみたいじゃん。

 

それにしても、これはすごい映画。すばらしい映画。近年の邦画の年間ランキングとか見て絶望してる人もいるかも知れないけど、是枝監督が日本にいてくれてまだよかったよ。

 

是枝監督のジャーナリズム精神が、全編において存分に発揮されてる。

冒頭、いきなり「父」と「息子」が万引きするシーンから始まるけど、その直後その二人が何をするかというと、コロッケを買うのだ。お金持ってるんだよ、実は!じゃあ、なぜ万引きをするのか(これはちゃんと後で答えがある)????この冒頭のシーンから、ボクらがこの映画のタイトルを見て感じた先入観「きっとお金のない人達が寄り集まって生きてるんだろうなぁ、資本主義社会の犠牲者の話だ!」みたいなものに釘を刺されてしまう。

 

この映画は確かに貧困を描いている。でも、その貧困はお金の問題じゃなくて、家族や社会、それにメディア、さらにはボクらの考え方も全部含めたもの。その視点は深く、この映画を一言で言い表すことはできないし、この映画を「感動!」とか「絆!」なんて言い始めてしまったら、それこそこの映画の池脇千鶴状態になってしまうので、この映画をみて見た人がそれぞれ考えるのがいいと思う。

 

技術的に見てもさすがの一言。絵もいいし、何より会話!是枝監督の会話の切り取り方、自然さはもう名人達人。ほんの少しの会話で人間がボワワと浮かび上がってくる。普段どこ見てるんだろうと思う場所を切り取ってくるね。こういうの見るとボクがネームでしょっちゅうやる「オレは○○、○○学校の高校3年だ」とか言うの恥ずかしくなるね。で、でもマンガは仕方ない部分もあるから…(モゴモゴ)

 

日本という、考えも社会も「均一的」とみんなが思っている…思いこもうとしてる世界で、こういう「描かれないもの」をとりあげる映画を作って芸術的にも興行的にも成功する是枝監督の存在はすごく大きい。ヒット狙いの作品全て悪ではないが、この人なら「女子高生がタイムスリップする映画はもう飽きたわ」と言う権利も実力もある。ごもっともだわ。また早速次も作ってるけど、これからもずっと楽しみだ。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/15:高畑勲展in竹橋

昨日はSatsukiのあと、高畑勲展へ行った。

 

高畑勲の業績を東映動画からかぐや姫まで並べたもの。歴史長いので結構ダイジェスト的。ホルス多め。

 

ボクは「じゃりン子チエ」を今でもずっと見てるぐらいで、人生で宮崎駿より高畑勲の方がより多く影響を受けてると思う。

 

「おもいでぽろぽろ」見た時は「ここまで緻密にやるなら、もう実写でええんちゃう」とか思わず思ってしまったけども…。高畑勲がアニメーションに遺したもの。という展覧会タイトル。アニメ史上もっとも高い教養と知性を持った人物の一人である高畑勲は一方で絵が描けなかった。それゆえに(?)「どうやってアニメという絵のなかに命を吹き込むか」「なぜ、この人がこの物語に出なければいけないのか」そういう"理由"を誰よりも強く追求していたような気がする。そして優秀な犠牲sy…おととスタッフとともに生み出される膨大な新しい表現。その追求の過程は、そっくりそのままアニメの表現の進化の歴史になっている。「ハイジ」「マルコ」「アン」の名劇3作品の価値。これを超えるテレビシリーズはおそらくもう生まれないと思う。こんな志の高いものを作る必要性がもうない…。

 

ホルス制作時の膨大なメモの山、場面毎の「テンションチャート」の細かさに、この人の下で働く大変さを実感できてクラクラする。例えばアシスタント先にヘルプで行って、「まず作業に入る前にこれを読んで置いて下さい」とか言ってこんなの渡されたらもう辞めよかなって思うよな。

 

でも、その膨大なメモも読んでいると、何を描こうとしているのかよくわかる。こういう羅列的なメモというのは読めば読むほど散漫になって訳がわからなくなるけど、高畑勲のメモは読めば読むほど深い。ただ、これでも氏の考えのほんの一端でしかなく、わかったようなそぶりを見せたら怒号が飛んできそうな怖さがある。宮崎駿はよくこの人の下であれだけやれたなぁ…。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/11:全裸監督

お待たせしました。お待たせしすぎたかも知れません。

全裸監督ついにみました。

 

こういうツイートでも正しいか正しくないか大もめになってしまうぐらいバズってるからね、今。

パラパラって80年代からあったと言う話だけど、「大流行」してたかどうかは???ボク実は知ってるんですけど、80年代に大流行したのはブレイクダンスっすよ(ソースは風見慎吾)!それかランバダの二択ですね。ディスコとか行ったこともないですけど。

 

全裸監督。いわゆる「AVアーティスト」としての村西監督の伝記としては、もう最高の一作だと思う。ボクは世代的にAVに手が届く年齢になったのと村西とおるの黄金期がシンクロしていたので、ダイアモンド映像のAVも黒木香も村西監督も鶴太郎の物まねも散々に目撃してる。多分僕らぐらいの年代の男性の95パーセントが「ナイスですね〜」を正しいトーンで言えるのではないか?

 

村西監督は、日本のリミテッドアニメの進化のように、モザイクや表現規制という枷のある日本のアダルトビデオのなかで「エロ」をより増幅させるシステムを次々生み出した革命家で、後世のアダルトビデオに残した影響はホントに大きい。まああのホラ貝は誰も受け継いでないけど。

 

そのボクから見ても山田孝之の村西とおる、森田望智の黒木香には拍手を送りたいほどの素晴らしさ。正直ネット配信サービスの日本オリジナルのドラマやアニメはイマイチぴんとこないものばっかりだったけど、これは一線を画した出来。これはAVという世界にアレルギーがないなら必見だと思う。

 

一方、「人間」としての村西とおるをどこまで描くのかというところは…個人的にシーズン2での掘り下げに興味のあるところ。村西監督の暴力がとんでもないとかは昔から有名だったけど(まあ、当時の体育会系の世界というのは似たり寄ったりだろう)、それと女の子を話術(応酬話法だっけ?)でAVにだして、会社で同居して一大ハーレムを作ってしまう闇の部分。ここを描くのかどうか。シーズン2でここの部分も描いたら、今の賛否の様相も大分変わるだろうね。許可ととってるとってないの話だと、Netflixの「マインドハンター」だって被害者にも加害者にも許可とってないと思うよ。ただこれは現実そのものであり制作者の覚悟があるのであれば、表現する権利はあると思う。もちろん抗議する権利もある。

 

そういえば、全裸監督の原作やってる本橋さんによる元イエローキャブ野田社長の記事のなかで、「当時のAVの勧誘は即金でポンとお金が目の前に出てくる(←ドラマのなかでもあった)。これは大きかった。表の芸能界ではそれはできない。」というくだりがあったけど、このドラマ自体が表のテレビ界がコンプラをどうやって切り抜けるか汲々としてるのを横目に出てきた「即金ドラマ」という印象がある。

 

それにしてもナビダイヤルの山田君の応酬話法式ネトフリ勧誘めっちゃ面白かった。最高だわ。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/10:ブレードランナーIMAX

IMAXでブレードランナーが上映されるというので、としまえんで見てきた。

 

ほんとは画角が最適らしいグランドシネマサンシャインに行きたかったけど、近いし会員だしとしまえん。

うん。

 

もう何遍も見てるんだけど、毎回寝てしまう。今回も途中寝てしまった。なんで寝てしまうか自分でもよくわからないんだけど。

 

ビューティフルドリーマーも攻殻機動隊も、それに続く作品も何もかも、これがなければ生まれなかった。間違いなく傑作は傑作なんだけど、ぶっちゃけた話すると、最初に存在したデッカードの語りがなくなった以降のバージョンはすんごく内容がわかりにくい。主人公が何を考えているのかわからないので、時々退屈になっちゃう。

 

だからして、物語で一番力があるのはレプリカントのロイバッティなのだ。この映画に存在すべき理由の塊みたいな存在。この人こそが主役。こないだなくなったばかりのルドガーハウワーの見事な演技がIMAXでさらに迫力を増していた。あと、この映画のもう一つの主役ヴァンゲリスの音楽。これもIMAXでど迫力パワー。家で見てるのとは訳が違う。これは2000円払ってIMAXで見る価値は十分にあった。

wakakitamiki * 映画 * 23:59 * - * - * pookmark

9/3:ワンスアポンアタイムインハリウッド

楽しみだった、タランティーノの新作を見る。

 

これからネタバレします↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しかった。もうタランティーノ巨匠の雰囲気というか、映画に確固たるストーリーがある訳じゃなく、1969年のハリウッドという舞台で虚実溢れるエピソードが一つ一つ結構な長尺で楽しめる。だからして、楽しみは見ている人がそれぞれに見つけたらいいと思うんだけど、ボクが思ったことをランダムに言うと。

 

・ブラピもレオ様もほんとにいい顔になってる!特にブラピ!

・ハリウッドで最もかっこいいのはスタントマン!

・またもタランティーノの好きな映画の話を存分に見せられる!

・またもタランティーノの性癖(生足)を見せつけられる!

・子役の娘のかわいさがとんでもない。それをまた昔天使だったレオ様が絡んでいくのもいい!

・ナチ、差別主義者の黒人、に引き続き、マンソンファミリーを今度はパニッシュ!

 

特に最後のくだり、もうこの映画を見る人は全員知ってるという前提のシャロンテート殺人事件(映画内でマンソンファミリーの説明は全くなし。マンソンなんて一瞬しか出てこない)、それをああいう形で阻止し、「ハリウッドの昔話」が続くエンディングで終わる。これはステキだった。これはタランティーノ以外がやったらトンデモ映画扱いされるかも知れない。ここに至るまでの伏線も独創的というか、伏線を散々ばらまいて使わないとか、ブラビの妻殺しの話も印象的にコナかけて結局なんもなし。これは「天気の子」のピストルとは全く違う確信犯という気がした。まあ、ちょっともてあそびがキツいなって感じもあったけどw

 

帰ってきて、早速映画内でシャロンテートが見てた「サイレンサー第4弾/破壊部隊 」を見てみたけど、すごいクソ映画だった!

wakakitamiki * 映画 * 02:20 * - * - * pookmark
このページの先頭へ